オススメリンク

土地を利用する前に地盤解析を行なっておきましょう。しっかりとした調査をすることで安全に土地を活用することが出来ます。

よりよい国土建設に取り組めるための地質調査|ジオ・フロント

アーカイブ

カテゴリー

調査

地質調査は、有利に土地活用を行ううえで欠かせないものです。
地質調査を行えば、しっかりとした地盤改良が行えます。
調査のやり方は2つあり、それぞれSDS試験、SS試験です。

SDS試験は、正式名称をスクリュードライバーサウンディング試験といいます。
SDS試験では、ロッドを土地に打ち込み、スクリューが地中で一回転するごとの沈む長さで調査をするものです。
25センチごとにロッドを一センチ引き上げ、その時のスクリューの回転数からも判断を行います。
SDS試験は、ボーリング調査並みの制度を誇る試験方法で、ボーリング調査よりも費用や調査期間も短くして行うことができるのです。

SS試験は、正式名称をスウェーデン式サウンディング試験といいます。
こちらはSDS試験とは違い、スクリューがついていないため、ロッドにかかる抵抗から、地盤の硬さを測定する方法です。
簡便性が大変優れており、どこにでも持ち運べるため、費用を安くして調査が出来る点が優れております。
また、調査時間もSDS試験よりも早いため、すぐに結果が出せるのも有利な点です。
しかしこのSS試験はSDS試験よりも精度が低いのが難点と言えます。どちらの方法の調査を行うべきか、よく考えてから決めましょう。

地盤

化石の発掘調査などの映像を見ると、地盤というのは幾つもの層に分かれて成り立っているのがわかるでしょう。
その層は一つ一つが硬さが違っており、その上に家を立てる場合にも、土地の硬さが肝心となるのです。

例えば、土地が柔らかいところに基礎をつくり、土地を建てた場合はさまざまな影響にさらされます。
土地が柔らかいため、地震の影響を強く受けるのです。
土の上に杭を立てて比べて見るとわかりやすいでしょう。硬い土に杭を突き立てれば、早々のことでは抜けたり、倒れたりすることはありません。
しかし、砂地の上に立てた場合は違います。横から押したり引っこ抜いたりといったことが容易にできるようになるはずです。
家を立てる場合でも同じことがいえます。家を立てるうえでの基礎を作る場合、土地に土台を埋め込み固定して、家をしっかりと支えます。
しかし、その土台を埋める土地が柔らかい場所ですと、地震などの影響で埋め込まれた土台が傾き、家の破損や倒壊を招いてしまうのです。
地震は資産である大切な一軒家を破壊するだけでなく、そこに住む大切な家族の命をも脅かすものです。地震への対策を怠ってはならないのです。
また、地盤が弱いと地盤沈下や土地の液状化が引き起こされる事もあります。
地面が柔らかい場所では、地下にある地下水などが地表面に溢れ出る可能性があります。
水が地表に現れるため、それまで水を含んでいた土地から水がなくなった分、地盤が下に沈み込んでしまうのです。
地盤沈下は家の基礎にヒビを入れ、家そのものを崩してしまうような危険性をもったものです。
さらに、液状化した場合などでは、家の建材も腐食させ、強度が下がりボロボロの状態にまで陥ってしまう可能性があるのです。

家を建てる前に、入念に地質調査を行えば、地盤沈下などの問題を解消することができます。
地盤改良を行い、柔らかい地盤を掘り下げて硬い土地に杭を打ち込み、家をしっかりと支えられるようにするのです。
地盤改良ならば、問題のある土地でも上手に土地活用をおこなうことができます。

建築

多くの方が、マイホームを建設することを生涯の夢としていることでしょう。
注文住宅などを行い、自分の理想とする一軒家を立てるのは大変すばらしいことです。
現在ではほとんどの方が、賃貸住宅を借りて家賃を支払って生活していることでしょう。
家を借りているという建前上、お部屋を汚したり、リフォームを行ったりすることはできません。
隣の部屋の人にも迷惑をかけないように生活しなければならず、常に音を出さずに生活することを強いられている方も多いと思います。
また、家庭を持っている方に取っては、新しく家族を増やすこともできなくなるため、賃貸住宅は非常に住みづらい場所なのです。
そこで、一軒家を購入できれば、その状況は一転します。
まず自分の持ち家ということで、月々の家賃の支払いがなくなります。
たとえ月六万円の家賃であったとしても、それが一年、十年となれば莫大な費用となります。
家賃を支払うことがないため、ローンを支払えば家賃に回していたお金を貯蓄に向けることができるのです。
周囲の物音に敏感になることもないため、一軒家ならばのびのびと過ごすことができます。
以前まででしたら、他の部屋を借りている人に気遣う必要がありました。賃貸住宅では壁一枚を隔てて別の人の生活空間が広がっています。そこでむやみに迷惑をかけるわけには行きませんでした。
ところが、一軒家でしたら土地や建物の壁が音をシャットアウトするため、生活音が隣の人の迷惑になることはないのです。
新しく建てたお家でしたら、お子さんが増えたとしても、広々とした部屋で過ごさせることができるでしょう。

夢の広がるマイホーム建設ですが、家をたてるのなら、きちんとした地質調査を行わなければなりません。
地盤が柔らかかったり、地面の下に地下水がたまっている場合などがあった場合、その土地の上に建てた家にも影響が出てくるからです。
建てた家に悪影響が及ぼされるような場合は、速やかに地盤改良を行う必要があるでしょう。
家を立てるのに有効な地盤改良を行い、有利に土地活用を行いましょう。

カレンダー

2014年11月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930